会社沿革

TOP > 会社情報 > 会社沿革

会社沿革

1956(S31)年 4月
名古屋市瑞穂区雁道町にて吉田金属製作所として創業し、精密機械部品の製造にあたる。
1956(S31)年 6月
株式会社エルモ社と取引を開始し、映写機、撮影機等の部品の生産を始める。
1958(S33)年 6月
愛三工業株式会社と取引を開始し、自動車のキャブレター部品の生産を始める。
1962(S37)年 2月
瑞穂区中根町に本社を全面移転する。
1962(S37)年12月
個人経営から資本金1,500千円にて、株式会社吉田金属製作所と改組設立し、 初代代表取締役に吉田正美が就任。
1964(S39)年 1月
松下電工株式会社瀬戸工場と取引開始し、自動制御部品の生産を始める。
1966(S41)年10月
テイケイ気化器株式会社と取引開始し、オートバイキャブレター部品の生産を始める。
1968(S43)年 5月
名古屋市緑区鳴海町長田37に土地990m²取得。
1970(S45)年 2月
上記土地に緑工場(自動機工場)を建設し、生産を開始する。
1970(S45)年 9月
資本金を3,000千円に増資する。
1971(S46)年 9月
資本金を6,000千円に増資する。
1972(S47)年 9月
資本金を9,000千円に増資する。
1973(S48)年 4月
日本特殊陶業株式会社と取引を開始し、プラグ部品の生産を始める。
1974(S49)年11月
資本金を15,000千円に増資する。
1975(S50)年 5月
貝印三和刃物工業株式会社と取引し、カッターナイフを生産開始する。
1977(S52)年 6月
緑工場第1工場を増設する。
1977(S52)年 8月
新神戸電機株式会社と取引を開始する。
1982(S57)年 4月
東洋ラジエーター株式会社と取引開始し、ラジエーター部品の生産を始める。
1984(S59)年10月
緑工場第1工場2階を増築する。
1986(S61)年 1月
東洋ラジエーター八日市製作所と取引を始め、空調関係部品の生産開始。
1987(S62)年 6月
緑工場西側隣接地に953m²の土地を取得。
1987(S62)年 9月
新神戸プラスチック株式会社と取引を開始する。
1988(S63)年 7月
緑工場隣接地に第2工場を建設する。
1989(H 1)年10月
株式会社豊田自動織機製作所(高浜)と取引を始め、フォークリフト部品の生産を開始する。
1990(H 2)年 8月
緑工場第3工場を建設する。
1993(H 5)年 2月
緑工場第4工場を建設する。
1994(H 6)年 9月
緑工場第5工場操業開始。
1995(H 7)年 3月
本社・緑工場統合。
1995(H 7)年11月
第6工場を建設する。同工場インジェクター工程稼動開始。
1996(H 8)年 1月
資本金を30,000千円に増資する。
1996(H 8)年 6月
中部ラバー株式会社と取引を開始する。
1998(H10)年 4月
大同特殊鋼株式会社と取引を開始する。
2000(H12)年 6月
二代目代表取締役に吉田英晃が就任。
2001(H13)年 4月
ホシザキ電機株式会社と取引開始。
2002(H14)年 3月
東洋ラジエーター秦野製作所と取引開始。
2003(H15)年 3月
ISO 9001認証取得。
2004(H16)年12月
本館および第7工場を建設する。
2005(H17)年 8月
ISO14001認証取得。
2005(H17)年10月
第6工場2階を増築する。
2005(H17)年11月
資本金を60,000千円に増資する。
2008(H20)年 4月
社名を株式会社ワイクリードに改称する。
2008(H20)年 8月
第8工場の操業を開始する。
2009(H21)年10月
株式会社豊田自動織機(共和)と取引を始めハイブリッド部品の生産を開始する。
2010(H22)年 9月
岡谷鋼機株式会社と取引を開始する。
2013(H25)年 7月
株式会社豊田自動織機(碧南)と取引を開始する。
2013(H25)年10月
株式会社杉浦製作所と取引を開始する。
2013(H25)年10月
豊田通商株式会社と取引を開始する。
2014(H26)年 2月
F1工場(冷間鍛造工場)を建設する。
2016(H28)年 4月
社名をワイクリード株式会社に改称する。
2016(H28)年 4月
創業60周年。
2017(H29)年 4月
ISO14001自己適合宣言。
2019(H31)年 4月
KES・EMSスタンダード認証取得。
2022(R 4)年 3月
愛三工業株式会社からグローバル協力賞受賞。
2022(R 4)年 3月
健康経営優良法人2022認定。

お問い合わせ